時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
「SWEET CANDY RAIN 」PV8分バージョン
覚え書き

蝋細工のケーキが燃えている。
白く小さなポリ袋が夜の雨に打たれている。
男(運転手):「見えないんですかねえ。向こうがですよ、お客さんじゃなくて。」
       「自分しか見えてない人って、最近多いんじゃないですかねえ。」
       「影が薄いって言うじゃないですか。そういう事ですかねえ。話違うけど。
        あ、お客さんの事じゃないですよ。」
       「あれ、お客さんいつから乗ってましたっけ?・・・なんてね。」
寂しげな道路沿いに置かれた水飲み機の上に置かれた雪ウサギ。
水溜りに落ちている寒椿。少女が拾い上げ、掌で握り締める。
女性のささやき『SWEET CANDY RAIN』
曲が始まる。

女:『「いちじく」ってねえ、一つずつ熟していくから「いちじく」って言うんだって。
   「い・ち・じゅ・く」ね。ハイ。』
男:「私が殺した。私が殺した。お前はいつも私のそばにいておくれ。」

女:『「今日あなたは、いちじくが好きなだけで、明日は、他の物が好きなだけかも
   知れない。」
   知ってる?全部食べて良いよ。』
《注:サリンジャーの「フラニー/ズーイー」の一節。》
女:「ごめんなさい。」
少女:「別に信じる事はないの。ただ何度も唱えるだけで良いの。
   (ノイズ、少女の呟き聞き取れず)
   それが習慣になっていく。言葉を発しなくても、口に出さなくても声にしなく
   ても、例えば全然口を動かすだけで良いんだわ。
   そうすればいつか必ず何かが起こる。何かがやって来るのよ。」

水溜りに椿の花が落ちている。水溜りには氷が張っているよう。
男:「私の分身。私の分身。
  お前はずっと私のそばにいてお・」(銃声)

冒頭の白い袋が風に舞って行く。


《水飲み機、雪うさぎ、赤い椿》
運転手がシートを倒して後部座席に手を差し込んでる場面。
女性の太腿に手を差し込んでいた。
そして少女が本を抱きしめて悲しむシーンの後に
男性の『「私の分身。私の分身。
  お前はずっと私のそばにいてお・」(銃声)に続く。

スポンサーサイト
【2007.01.25】 YOSHII LOVINSON // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
愛という文字
今年を象徴する世相漢字が「愛」に決まった。
「愛」という文字は、後ろを顧みてたたずむ人の形の、胸のあたりに、心臓の形である「心」を加えた形なのだそうだ。
立ち去ろうとして後ろに心がひかれる人の姿であり、その心情を愛といい、「いつくしむ」の意味となる。国語では「かなし」とよみ、
後ろの人に心を残す、心にかかることをいう。
と解説されてあった。
昨日、YOSHII LOVINSON公式サイトのコラムが久方ぶりに更新されて、
NEWシングル「BEAUTIFUL」レコーディングで訪れた地で
かのデヴィッド・ボウイやミック・ロンソンの名盤を生み出した
ミキサー卓に巡り会えた話をしていた。
吉井和哉という人には、色んな人の「愛」が惹き寄せられてくるのだなあ。きっと彼自身の内に色んな人やモノへの愛が一杯詰まっているからなのだろうと思う。
YOSHII LOVINSONという名称、お疲れ様!ありがとう!
【2005.12.13】 YOSHII LOVINSON // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
ロビンバトン
★パソコンもしくは本棚にあるロビン
このムチムチ太ももにヤられた。悩殺ロビンちゃん♪
★今妄想してるロビン
富士山眺めながら朝の一服してる姿
★最初に出会ったロビン
「太陽が燃えている」のPV
ラストの花に埋もれて横たわるロビンを見て
「オフィーリア!」だと、「何て変な人だろう!」と魂を奪われた(笑)
★特別な思い入れのある5つのロビン
・「追憶の銀幕」の「SUCK OF LIFE」でエマに足蹴にされて呆然とする表情
・「Jaguar hard pain」DVDで『ありがとう、愛してます』と天を仰いで歌い出した「遥かな世界」
・『紫の炎』「紫の空」の仮面の舞
・『メカラウロコ8 東京ドーム』(wowow放送)「峠」で見せた
あの不敵で凄みを帯びた笑み
・『メカラウロコ8 東京ドーム』「真珠色の革命時代」エマのギターにシンクロするロビンの手の動きと笑顔
★バトンをまわす5人
ロビンファンの皆様もエマファンの皆様もどうぞ。
さて、エマちゃんバトンにも挑戦しなくては♪
【2005.10.29】 YOSHII LOVINSON // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ケツカッチン
家族が昨日録画してあった「電車男」を見ていて、ちょうど私が通りかかったら、見るからに怪しげなオタク男が「ケツカッチン」と喋っていた。
ケツカッチン・・・吉井和哉のオールナイトニッポン最終回でノルウェーから来たポゴポップスさんに『時計を指差して「ケツカッチン」って言えば物事上手くいくよ』とプレゼントしていた言葉だ。
私はあれは吉井の造語かと思っていた!
ちゃんと使われている言葉だったのだわね。
電車男の内容よりも「ケツカッチン」に感慨深かったです(笑)
【2005.08.21】 YOSHII LOVINSON // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
しみ
“こんな事言うオレはまだ
 偽善ちゃんなんだ”

昨日、ふとYOSHIIのこのフレーズが浮かんだ。
私は普段BBSとかよそ様へのコメントでも、悪い言葉とか
人が読んで嫌になるだろう言葉は極力使わないようにしてる。
私は抜けてるから、人知れず気分を悪くしてる人がもしかしたらいるのかもしれないけれど、意図して人を嘲ったりとか
そういう事は、自分がされて嫌な事はしない。
でも、耳障りの良い言葉は奇麗事でしかないのだろうか?
やっぱり偽善ちゃんなのだろうなあ。
汚れた心をいっぱい持っているものな。
気づく度に胸の奥底の湖に沈めに行くけどさ。
醜い心など全く無い綺麗な心の持ち主になりたいか?
いいえ、私は、しみのひとつもない完璧な人など
あまりに眩くて人間を超越してしまうのではないかと思う。
弱くて情けなくてちっぽけな哀しみが「しみ」みたいに
消すに消せないのが人という生き物だと思う。
人間らしく生きて生きたい。
「偽善ちゃん」だって良いじゃないか?
善い人になりたいと思うだけマシじゃない♪
【2005.06.28】 YOSHII LOVINSON // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
CALENDER
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。