時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
グラスハート
若木未生の「グラスハート」シリーズを読み返した。
このシリーズに出逢ってからもう十年以上になる。
初めて読んだ時もこの音楽の世界に羽ばたいていく若者たちが
凄く眩しくて瑞々しくて、凄く嵌ったけれど、その後
THE YELLOW MONKEYを知って、バンドの光と影・その終焉を目に
した今となっては、このグラスハートの物語には
随分と色々な感情を引き出されて仕舞った。
高岡尚が源司に言った言葉『続けるために続けてるんですか』
痛かったなあ。
藤谷がステージに向かうメンバー4人を評して『筏』と言ったところで
『メカラウロコ』の「メロメ」で吉井も筏だと言ってたなあと
しみじみしたり。
桐哉のバンド・オーヴァークローム解散への流れでは、どれだけバンドが大事でも好きでもお互いを信頼していても、もう続けていけない事はあるんだと、小説の話であるのに、凄くリアルに感じて仕舞って、
戸惑うくらいだった。
『・・・津波の裏側かいくぐって、・・・歌いはじめた。
 自由に。』
ここが今一番好きだ。


スポンサーサイト
【2005.08.04】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
| BLOG TOP |
CALENDER
07 // 2005.08 // 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。