時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
「By Your Side」
ラヴァーズ・ロックシャーデー, S.アデュソニーミュージックエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る


SADEの『Lovers rock』を聴いている。
第一曲目「By Your Side」をYOSHII LOVINSONが「恋人と一緒に眠る特別な夜に聴きたい1曲」としてあげていた。
“あなたが寒くて震えていたら
 わたしはすぐに飛んでいくわ
 そしてあなたを強く抱き寄せてあげる
 あなたが落ち込んでいたら
 わたしはすぐに駆けつけてあげる
 あなたのそばへ”
歌詞もそうだけれど、彼女のこの柔らかで包み込むような優しい歌声は凄い。
「King Of Sorrow」、「Somebody Already Broke My Heart」は、哀しみがひたひたと胸に迫って来るようだ。それでも深い孤独の底で悲しみに打ちひしがれているだけではない。どこか毅然と顔をあげて歩き続けているような、そういう意思の強さを感じた。
「Lovers rock」不動の岩のような最愛の人という存在。
その存在を見出すことの出来た喜びと安堵に身を浸している。
でも全面的な幸福感だけではない痛みのようなものも感じる。
『at the BLACK HOLE』の「SADE JOPLIN」が出た時にSADEを聴いてみようと思ったままそれっ切りになっていたのだけれど、もっと早くちゃんと聴いておけば良かった。勿体無い。
それにしてもYOSHIIのコメント『みなさんも「By Your side」言ってくれる異性がいる人生、いかがですか?』が引っ掛かる。
『そばにいてくれるだけでいい』「おまえに@フランク永井(笑)」と言ってくれる相手はいるよ?
でも、男の人の『そばにいてくれるだけでいい』って、傍にいてずっと自分の事だけみて、世話してっていう願望が含まれてない?
ストイックな生き方している男にSADEの「By Your Side」みたいに母性的な愛を掻き立てられる事はあるけれど、必要以上に女性に対して母性を求める男は、どうかと思う。だいぶ、話がそれて仕舞ったけれど(笑)
スポンサーサイト

【2005.03.27】 MUSIC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://jovanna.blog6.fc2.com/tb.php/1-efec77a3
CALENDER
05 // 2017.06 // 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。