時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
あなたの香り♪
KYのQ&Aコーナーで好きな香水を問われて
『S.M.NOVELLAのゴールドマスク』を答えていたけど
『○○○野郎になった気に・・・』!?
まだ枯れて無かったのね。
良い事だ♪

↓を思い出したよ。
“雨上がりのアスファルトが嫌いになりそうな
 エロティックな匂い”・・・とか
吉井って、香りとエロスの結びつきが深いんだね。


1991年12月・吉井和哉・ディオールの広告コピーを書く
<クリスマスに贈るファーレンハイト>

雑踏のなかを歩いていて見知らぬ人の香りに、思わず振り返って しまう・・・
そんな経験が誰にでもあるはずです。
そして、それが 昔、愛していた人と同じ香りだった時
あなたのこころのなかには その頃の思い出が一瞬にして鮮やかに
よみがえったことでしょう。 そう、香りは記憶の封印をとき、デジャ・ヴ-のように
懐かしく あたたかな風景を見せてくれるもの。
「香りを贈る。それは、大切な人の心に消えることのない風景を
贈ることを意味します。
そして、消えることのない風景とは あなた自身と、あなたのエピソード。
クリスチャンディオールのファーレンハイトはメンズフレグランス の定義を
一新したクリエイティヴかつセンシャスな香り。
強く、甘く、優しく、さまざまにトーンを変えながら新しいときめきを振りまきます。
1991年クリスマスに、ファーレンハイトを。
その香りとともに あなたという記憶が大切な人のこころのなかに、
刻みこまれます。
スポンサーサイト

【2006.04.15】 吉井和哉 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
はじめまして^^
検索でひっかかってたどりついたんですが、
91年当時に吉井和哉がこのコピーを書いていたんですか?ディオールに。びっくりです!

エッセイに書いてた「あるきっかけ」というやつでしょうか?

ちなみに僕も「99選」持ってます。B-PASSですよね。
写真はバラ色のベートーベン時代ですよね(笑)
あれをテキスト化してるのはすごい価値あると思います!!
【12.25】 URL // chome #T2PFTBgw [編集] []
>chomeさん
WELCOME!!!
読んで下さってありがとうございます!
このディオールのキャッチコピーほんとに良いですよねえ。
吉井さんらしくって♪
《バラ色のベートーベン時代》
言えてますね(笑)
【12.27】 URL // ジョナ #- [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://jovanna.blog6.fc2.com/tb.php/104-504edf48
CALENDER
08 // 2017.09 // 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。