時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
ラブストーリーの結末を着けるのは、自分だ
今TV着けたら東京ラブストーリーの再放送が入っていて
『ふられたって好きになった気持ちは、無にはならない。』って、
カンチが喋ってました。
唯一無二のバンドだと心に決めたバンドが、帰って来ると待ち続けたのに
発表の一ヶ月も前に解散していたと知らされて、
それってきっぱり「ふられた」って事ですよね。
悔しくて悲しくて、正直裏切られたような気持ちに為ったから、
メンバーからの説明もまして解散ライブな等、そんな物いらない、
してくれるなと思ってました。
けれど、BRIDGEインタヴューのお蔭で、漸くあの4人が解散に至った心情を
その事実を受け入れる事が出来ました。
依存ではない新しい自分のあり方を見つけ出すスタート地点に
立てたような気がしました。それなのに今回のこの「メカラウロコ15」の知らせは、
正直、何故また心を乱すのか、そこまでして呉れずとも良いのに、という事でした。
THE YELLOW MONKEYをファンの前で「終わる」為に、最終日東京ドームで
わざわざ4人が挨拶するなんて、ライブじゃない姿を見せるなんて、
そんな辛すぎるじゃないですか。さまに為らないよね。
でも彼らは、敢えてそれを遣ってくれる。
結成15年の様々な歴史を彩る楽器や衣装や様々なものたちに囲まれて、
ビデオを見て、別れの祭典を開くのも良いじゃないですか。
ベストアルバム、DVDBOX発売、そんなのバンドの解散にはつきものです。
彼ら自身が監修したのなら幸いです。
「解散の挨拶」が『THE YELLOW MONKEYに乾杯!』でも『THE YELLOW MONKEYは
永久に不滅です!』でもひとこと『ありがとう、愛してます!』でも何でも良いです。
メンバー4人にとってもファンにとっても「けじめ」が必要だと彼らが判断したのだ、
と今は思えます。
地方会場に「メンバーの挨拶」がない事を淋しく思う気持ち判ります。
今回のTHE EXHIBITION AND VIDEO FESTIVAL OF THE YELLOW MONKEY
『メカラウロコ・15』のドキュメントフィルムを作って
そして販売してくれれば良いと思います。
彼らの言葉を知りたい人は買う。そうでない人には必要ない。
それで良いのでは無いでしょうか。

ロッキンオンJapan bbsに書いて来た。全然冷静じゃない♪

スポンサーサイト

【2004.10.21】 THE YELLOW MONKEY // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://jovanna.blog6.fc2.com/tb.php/15-4d6eb7cd
CALENDER
07 // 2017.03 // 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。