時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
ロマンティスト宣言
DVD『THE YELLOW MONKEY“Life Time・SCREEN”~追憶の銀幕~』に
収められている「ROMANTIST TASTE」には、
謎の文字が映っている。
文字を指でなぞりながら
“君と僕は 過去と未来よりも強く 結ばれて
 未来永劫に 出会い続ける”
吉井和哉がこう宣言して「ROMANTIST TASTE」を歌い出すのだ。
今日、モンキーオフィシャルBBSにこの台詞が好きだと書かれていて、
いくつかレスも付いていたけど、
本当に良い詩だね。
詩集『風の中の少年たち』より
「遠い天の果てで」青木景子
僕らは
はじめて
会ったときに
遠い天の果てで
水を汲む未来を知っていた

そうして次に
生まれた僕らも
遠い天の果てで
水を汲むのだね。

それは何色の水か
わからないけれど
生命のように美しい
はじまりの水

君と僕は
過去と未来よりも強く 
結ばれて
未来永劫に 
出会い続ける

今日、この詩集を改めて読んで
ひとつの詩に釘付けになった。

『道』 青木景子
「あなたは別の道をお行き
僕たちはここを行くから」

そう言って立ち去った
ふたり連れが
とうの昔のままで
蜃気楼のように
あらわれる日がある

わたしはあの同い年の
少年と少女をこころから
愛していて
三十年来
忘れなかった

けれど彼らの行った道が
空への道で
それは氷よりもすべすべとした
かなしい道だとは
おもわなかった

あの岐路で
さようならといった
大好きなひとたちに
何故 三人では
行けないのかと
たずねなかった じぶん

残されて
たたずんだ
ひとりの場所で
わたしは今でも彼らに
せつなく 手を
振りつづけている

スポンサーサイト

【2004.10.14】 THE YELLOW MONKEY // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://jovanna.blog6.fc2.com/tb.php/16-eaa4293b
CALENDER
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。