時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
No Woman,No Cry
THE YELLOW MONKEYの最後のLIVEになった「メカラウロコ8東京ドーム公演」の
最後に客出しBGMとして流れたのは、BOB MARLEYの「No Woman,No Cry」だった。
今日、解散を知ってから初めて彼らの映像をしかも最終LIVE映像を観るという
暴挙に出た私だけれど、散々泣き濡れた挙句最後に止めを刺されたのが
この「No Woman,No Cry」なのだ。
BOB MARLEYの歌声、そしてこの歌詞がどうしようもなく胸に迫って来て
泣けて仕方なかった。
でも涙のあとは、とても清々しい力強いものが生まれた気がした。
開場BGM、直前SE、LIVE本編、退場BGM全てを含めてTHE YELLOW MONKEYの
ライブだった。
『たくさんの希望と、絶望と、興奮を、ありがとう』
「No Woman,No Cry」

No woman, no cry
No woman, no cry
No woman, no cry
No woman, no cry

'Cause I remember when we used to sit
In the government yard in Trenchtown
Oba, ob-serving the hypocrites
As they would mingle with the good people we meet
Good friends we have had, oh good friends we've lost along the way
In this bright future you can't forget your past
So dry your tears I say

No woman, no cry
No woman, no cry
Little darlin' don't shed no tears
No woman, no cry

Said, said, said I remember when we used to sit
In the government yard in Trenchtown
And then Georgie would make the fire light
Log wood burnin' through the night
Then we would cook corn meal porridge
Of which I'll share with you

My feet is my only carriage
So I've got to push on through
But while I'm gone...

Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright

So, no woman, no cry
No, no woman, no woman, no cry
Oh, little darling, don't shed no tears
No woman, no cry

No woman, no woman, no woman, no cry
No woman, no cry
Oh, my little darlin' please don't shed no tears
No woman, no cry, yeah

 女よ 泣くな
 女よ 泣くな
女よ 泣くな
女よ 泣くな

トレンチタウンの官庁の庭に
二人で座ってた日のことだ
善良な人達の中に
偽善者どもが素知らぬ顔をして混じっていたのを
ふたりで眺めていた
そんな中で出会った大切な友人達も
ひとり またひとりと
闘いの中で倒れていった
どんなに素晴らしい未来がやって来ようと
昔の日々を忘れられやしない
だから 涙を拭うのだ

女よ 泣くな
女よ 泣くな
可愛い俺の恋人
涙を見せちゃいけない
だから 泣くな 女よ

トレンチタウンの官庁の庭に
二人で座ってた日のことだ
ジョージが薪に火をくべると
炎は一晩中 燃え続けていた
コーンミール粥を作って
おまえと分けあって食べたっけ

俺にはまだこの二本の足が残っている
だから 何があっても俺は行かねばならない
俺がいない間も すべてはうまくいくさ
きっと うまくいく
世の中すべて
いつか きっとうまくいく
そうさ 何から何まで
俺たちの望むとおりになっていく
世の中すべて
きっと 今よりもよくなっていく

だから
女よ 泣くな
俺のちっちゃな恋人
涙を見せちゃいけない

ジャマイカ/ボブ・マレー「ノー・ウーマン・ノー・クライ」/対訳 : 山本安見

スポンサーサイト

【2004.09.29】 THE YELLOW MONKEY // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://jovanna.blog6.fc2.com/tb.php/19-5c4504f1
CALENDER
03 // 2017.04 // 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。