時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
ザ・ウィル・トゥ・デス
ザ・ウィル・トゥ・デスジョン・フルシアンテワーナーミュージック・ジャパンこのアイテムの詳細を見る

3月に出た「シャドウズ・コライド・ウィズ・ピープル」から、たった4ヶ月で
ジョン・フルシアンテの新作「ザ・ウィル・トゥ・デス 」が出ていた。
YOSHIIさんのコラムを読むまで気づかなかった。
一時の虚脱状態を抜け出し、このところ精力的に、溜め込んでいたDVDやCDを
観賞している。気力が戻って来た事が嬉しい。
「アルバムにおける楽器は全てジョン自身と彼の友人である
ジョシュ・クリングホッファーにより演奏されている」そうだ。
ジャストだ!
「death」歌詞には「死」が何度も歌われている。
けれど、ジョン・フルシアンテの時に優しく、時に柔らかい歌声と、
どこか懐かしさを覚えるギターの調べは、静かな安らぎを感じさせてくれる。
アルバムタイトル曲「ザ・ウィル・トゥ・デス」
“The Will To Death is what Keeps me alive”
“死への決意こそ 僕を生かし続けているもの”
死の淵を覗き込み、そこから「生」へと進路を定めた者の
揺ぎ無い強さを感じる。
死と向き合った者ののみ掴む事の許された尊い希望を感じた。
ジョンは、年内にあと5作品のリリースを予定しているという。
驚異的なハイペースだ。
彼の内側から沸き上がって来る『音』をとにかく外へ外へと
生み出さずにはいられない状況なのだろう。
凄まじい。少し怖い気がする。生き急がないで!
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://jovanna.blog6.fc2.com/tb.php/30-f268abfb
CALENDER
08 // 2017.09 // 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。