時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
タクシードライバー
タクシードライバー」を観た。
ちょっと最近「孤独」が蝕む心の闇というものについて考えているのだけれど、
人は、拠り所さえあれば案外「孤独」には耐えられるものではないかと私は思う。「孤独」に苦しむのは、自分の居場所が判らない場合だ。
自分の本当の居場所はここではない何処か別の場所かと思ってしまったり、自分の価値や生きる目的は何も無いのでは?と不安に駆られ始めると、人は恐ろしく脆いものだと思う。
人と触れ合う事が怖いのに、他人に必要とされない自分が不安で、SOSを出したくても上手く表現出来ずに足掻いて仕舞う。
きっとそういう事なのじゃないかなあ。そうは思っても遠くからただ眺めているだけじゃあ何にも為らないのだけれどね。
“この歌に 詩が浮かび 死の丘に座るまで
 信じるために 何のために生まれてきたかの意味探るぞ”

“風の広場で魂が鳴いてる”
音が聴こえてくる。
追記
言葉を選び過ぎたら何を言いたいか判らない文章になった。
言いたかったのは、最近のロヴィ公式BBSの事だ。
扉を開くのは自分自身だもの。
「淋しいのは君だけじゃない」たぶんそういう事だ。違うかな。
スポンサーサイト

【2005.04.16】 映画 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://jovanna.blog6.fc2.com/tb.php/45-d8eeb135
CALENDER
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。