時の谷間で何か飲みながら、ふと振り返る日常のあれこれ
プロフィール
  • Author:jovanna

最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
恋愛感
エロチカさんの日記で「心理テスト」をやってらして、
私もやってみたんだけど、私の答えは
『タイプの合コン相手に気に入られたら、ちょっと心は動くかもしれないが、
やっぱり私は想い続けた人を待つだろうな~。
♪わたし待~つわ。いつまでも待つわ
 せめてあなたを 見つめていられるのなら♪
そもそも私好きな人いたら合コン行かないだろうけども(笑)』だった。
で、その診断は、『猪突猛進、イノシシのような一本気な愛。
自分の気持ちが一番大事で突っ走るので
生活の苦労を抱え込みながら、それでも愛があるからいいや!!と
自分の気持ちを貫くタイプです。』。
当たってますね~。「猪突猛進・思い込み」
愛し続けるという行為そのものを崇高と捉えて、たとえ振り向いて貰えなくとも、
ただ一途に想い続ける事が「愛の尊さ」であり「真実の愛」だと感じて仕舞う。
可能性が限りなく低いと本当は判っているのに、もしかしたらという
夢を捨てきれない。
相手をとことん理想化して相手の全てを理解したような気になって、
本当は、その人を愛し続ける自分の姿に酔っているだけかもしれない。
心理テストに回答した時に思い浮かんだのは「待つわ」(作詞・作曲
岡村孝子 歌・あみん)だったけれど、今ふっと思い出したのは、
まちぶせ」(作詞・作曲 荒井由実 歌・三木聖子)だ。
http://www.barks.jp/listen/?id=52005289&lpl=wm&lbw=64k
「まちぶせ」は、石川ひとみでヒットしたし、後年松任谷由実自身も歌ったけれど、
私はこの三木聖子の「まちぶせ」が一番この歌に合っていると思う。
沢田研二「悪魔のようなあいつ」で沢田研二の妹を演じていた可憐な少女だった。
「まちぶせ」作詞・曲 荒井由美

 夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 
 微笑み見つめあう 見覚えある二人
 あのこが急になぜか 綺麗になったのは
 貴方とこんなふうに 逢ってるからなのね
 好きだったのよ貴方 胸の奥でずっと 
 もうすぐ 私きっと 貴方を振り向かせる 
 気のないそぶりして 仲間に加わった
 テーブルをはさんで あなたを熱く見た

 あの子がふられたと 噂にきいたけど
 私は自分から 云い寄ったりしない 
 別の人がくれた ラブ・レター見せたり 
 偶然をよそおい 帰り道で待つわ 
 好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
 もうすぐ私きっと 貴方を振り向かせる

 好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
 もうすぐ私きっと 貴方を振り向かせる
 貴方を振り向かせる

切ない恋心・・・でも、良く考えると怖い!よね(笑)
『待つわ いつまでも待つわ』と『偶然をよそおい 帰り道で待つわ』は、
どちらがより怖いだろうか?
『いつかどこかで 結ばれるってことは 永遠の夢
 たとえあなたが ふり向いてくれなくても
 待つわ  いつまでも待つわ』と夢に溺れたままよりも
私は『もうすぐ私きっと 貴方を振り向かせる』と言い切る潔さの方に
憧れる。
THE YELLOW MONKEY、YOSHII LOVINSONへの「愛」ばかり書いてる私ですので、
ストーカー化するんじゃないかと心配される方もいらっしゃるのではないかと、
ふと思って仕舞ったのでちょっと言明しておきますが、
私には愛する夫も子供もおりますので大丈夫です。
(わざわざ言わんでも、とは思いますが♪)  
スポンサーサイト

【2005.05.06】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://jovanna.blog6.fc2.com/tb.php/49-cb0b6af0
CALENDER
05 // 2017.06 // 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
人気記事ランキング
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 時の谷間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。